2012年3月 バリ島へ行って来ました!

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

★18日目(前編) 

3月26日、晴れ、 帰国するまで、あと2日しかなかった私たちは、

この日、旦那が行きたがってた ”バリサファリ&マリンパーク”(Bali Safari & Marine Park)に

行ってきたのだ ”バリサファリ&マリンパーク” は、バリ島のギャニャール地区にあり、

2007年にオープンした動物と触れあえるバリ島唯一のサファリパークなのである

パッケージプランには、ラクダやゾウに乗れるパッケージなど、5つぐらいのプランがあったが、

私たちは、取りあえず、”ジャングルホッパー” という一番安いプランで申込をしたのだった。

”バリサファリ&マリンパーク” の ”クタオフィス” は、

カルティカ・プラザ通りのウォーターボムとクタセンターの

間を真っ直ぐ行けば、左側にあり、私たちは、事前に今日参加

することを予約をしていたのだった。 料金は、1人30ドル

(2012年3月末まで) で、往復の無料シャトルバスも付いて

いたので、たった30ドルで1日遊べると、私たちは期待をして

バスに乗り込んだのだった。この日の同乗者は、子供づれの

欧米人と私たちだけなのに、送迎バスは大型のバスだった。
CIMG2217(1)_R1_20120612121156.jpg
CIMG2223_R1_20120612121217.jpg

CIMG2225_R1_20120612123533.jpg”クタオフィス” で、お金を払った時に、バーコードの付いた

リストバンド(ゲストタッグ)を腕に巻かれたのである。

これは、事前チェックインサービス と言って、入園受付時に

混まないため、さきに ”クタオフィス” で、入場料を払い

入園時に必要なリストバンドを腕にはめてくれて、「これで、すぐに入園が出来ますよ~。」と、

オフィスで説明を受けて、私たちは、無料のシャトルバスに乗り込んだのだった。

詳しくは、こちらのサイトをご参考下さい。
http://www.partenza.jp/option/Practivity_balisafari_marne.html

サファリパークに到着し、エントランスホールに入ると、

チケット売り場と、予約の入場料支払い窓口の2つの窓口があり、

どの窓口も人が並んでいたので、事前チェックインサービスに

感謝をした私たちは、すぐにゲートを通過することが出来た。

ここは、「メイン・ターミナル」から、トラムに乗らなければ、

サファリ内に行けない作りになっていて、トラムに乗り込み、

2、3分移動すると、バリターミナルと言うところに到着し、

そして、パーク内のエントランスにあたる ”ロビー・バロン”
CIMG2231(1)_R1.jpg
 CIMG2236(1)_R1.jpg

(LOBBY BARONG)に通じる通路を歩いて、ようやく屋外に出ることが出来たのだった。

この時点で、”バリサファリ&マリンパーク”の敷地内が大きく思え、私たちの期待は、

どんどん高まる一方だった  ここ ”バリサファリ&マリンパーク” 見どころは、

1番は、やはり、トラムに乗って巡回出来るサファリ探検ツアーである。そのほかには、

CIMG2245_R1.jpgウォーターパーク 遊園地 淡水アクアリウム

バリシアター などがあり、エンターテイメントとして、

たくさんのショーが、あちこちで開催される仕組みで、

ちょうど11時から小動物ショーが始まるので、私たちは、

小動物ショーを見に ”ハノマン・ステージ” へと急いだ。

小動物ショーは、巨大ヘビの登場から始まり、笛を吹くと

飛んでくる鳥のショー、オランウータンの綱渡りなどの

微笑ましいショーが、15分ほど行われて終了した。
CIMG2259(1)_R1.jpg

次は、象の水浴びを見に、私たちは、ガネーシャへ向かった。

手を伸ばせば届く範囲に象がいて、象の鼻に触れてみる。

日本でも象を触れる施設は、あるみたいだけど、ゴムっぽい

感じに見える象の鼻は意外にも硬かったのだった。
CIMG2267_R1.jpg
CIMG2275(1)_R1.jpg これは、トラの赤ちゃんと記念撮影をしている風景。

記念撮影が出来る動物は決まっていて、トラの赤ちゃん、

オランウータンの赤ちゃん、ゾウなどがいて、記念撮影が

出来る回数は、選ぶプランで、それぞれ決まっており、

一番高い ”レオパードパッケージ” のプランだったら、何度でも記念撮影が出来るのだが、

私たちが選んだ ”ジャングルホッパー” のプランは、1回のみの撮影と決まっていたのだった。

私たちは、オランウータンの赤ちゃんとの記念撮影を

選んだのだが、オランウータンはすごく人気があり、

30分待って、ようやく記念撮影の番がまわって来た。

オランウータンを抱く感覚は、ちょうど2歳児ぐらいを
CIMG2445(1)_R1.jpg

抱く感覚と同じで、膝の上にチョコンと座り、オランウータンの方から抱きついて来て、

かなり人懐っこく、カメラに向いて静止をしたりするところは、かなり賢い動物のように思えた。

だけど、私の番が来て、オランウータンを膝に乗せ、何故か数秒で逃走してしまったのだ~

何故  と、考えた結果、たぶん、私がオランウータンの足の裏を触ってしまったためだと

考えられた。その証拠にオランウータンの足の裏を握っている私の姿が写真に残っていた。

オランウータンの足の裏は、プニュプニュしていて

とても気持ちよく  私がムギュムギュと触るもんだから

こちょばくて、「やめて~ 」と、逃走したのじゃないかと、

私なりに勝手に解釈をしたのだが、本当の真相は不明である。
CIMG2451(1)_R1.jpg

オランウータンの赤ちゃんへ、ムギュムギュと触ったりして、ごめんなさい

                      18日目(中編)につづく
スポンサーサイト

カテゴリ: バリサファリ

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelsinbali.blog.fc2.com/tb.php/54-6fafb5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。