2012年3月 バリ島へ行って来ました!

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

★13日目(後編) 

サヌールのハントゥア通り(Jl.HangTuah )沿い

にあるプラマ社のオフィス前で降ろされた私たちは、

サヌールのビーチに向かって歩いてみた。

ビーチに出てみると、たまたま干潮だったのか、

それともいつも遠浅なのかわかなないが、
CIMG1252(1)_R1.jpg

ものすごい遠浅なビーチを目にして、すごく驚いてしまった。遠浅のレベルは、

岸からかなり離れた位置でも膝までしか海に浸からないほど遠浅だった。

ビーチには、観光客の姿は見当たらず、バリ人の子供たちが遊ぶ姿だけが見えた。

ここは一番北の端であり、地図上でも確認が出来たが、ビーチは、ずーと南に続いていた。

ここから、どこまで歩くことが出来るのだろうか、と、私たちのサヌール散策が始まった。

遊歩道を南に向いて歩いて行くと、すぐに「ル・メイヨール美術館」があった。

CIMG1255_R1.jpgCIMG1256_R1.jpgCIMG1258(1)_R1.jpg

特に見たいわけでもなかったので素通りし、どんどん遊歩道を歩いていると、

観光者向けのニュピのポスターが、あちこちに貼られていることに気がついた。

「ニュピは、太陽太陰暦に従ってバリの新しい年であり、
島全体の外出を禁止する日であり、この非常に特別な日は、
火や電気を使ってはいけません。地元の伝統と信念を尊重し、
NYEPの日、2012年3月23日の金曜日の間は、遵守にご協力と
ご理解をいただければ幸いです」
との内容が書かれていた。

ニュピの事は、旅行会社から聞かされていたものの、この日、このポスターを見るまで、

ニュピに関する情報をまったく目にすることがなかったので、このポスターを見て、

本当に2012年3月23日がニュピであることを、私たちは再確認することが出来たのだった。


歩き始めて、35分後、ガラ・アユ通り(Jl. Segara Ayu)まで歩いてきた私たちは、

マクドナルド(バイパス沿い)の右隣にある ”デポット サリ ラウト”(Depot Sari Laut)

と言うカニ・エビ・魚料理の専門店の前で足を止めた。

「あれ、 なんかお店やってないんじゃないの・・・

大きな車が店の中に停まっていて、どう見ても開店はしていな

い様子を見て、私は旦那に「どうする 」と、聞いてみた。

ここは、旦那が行きたがっていたワルンのお店なのである。

「Do you have open 」と、店内にいた子供に聞くと、

奥さんらしき人が現れて、今から開店します。と言ってきた。

私たちは、開店前にイスに座り、目的のカニをオーダーして

待っていると、私たちにはお構いなしに、店内にあった車が

外に出され、子供が、ほうきで店内を掃きだした 

もちろん、店内は、排気ガスだらけになり、埃が舞う中

注文した”カニチリソース”(Rp100.000)が運ばれてきた。
CIMG1272_R1.jpg
CIMG1267_R1.jpg
CIMG1270_R1.jpg

ここは、”カニが美味しいお店” と言うことで、”地球の歩き方” にも紹介されているお店で、

紹介されていた通り、本当に美味しいカニが食べられるお店であり、その味を言葉で表現すると、

スパイスが効いた旨さがある辛めのソースが、カニに絡みつき、辛さよりも旨さが勝っていて、

辛さの苦手な旦那でも、辛さの大好きな私でも大満足出来るお味です。と言えるだろう  

16時ぐらいにお店を出た私たちは、シンドゥ市場に立ち寄ってみるが、まだ開店もしておらず、

仕方なく、ダナウ・タンブリンガン通り(Jl. Danau Tamblingan)を南下しながら歩き、

私たちは、サヌールの街並みをゆっくりと散策したのである。

CIMG1302_R1.jpg私たちが、”ハーディーズ”に着いたのは17時 

ホテルの送迎が来るまでの1時間半の間、私たちは、

ゆっくりと買い物をすることとなったのだが、

この ”ハーディーズ” の2階の化粧品売り場で、

非常に不愉快な事件が起こったのである。

写真を撮るのを忘れてしまったので、ネットからイメージ映像を 

拝借したのだが、この商品は、バリ島でも50円~60円ぐらいの

商品であるにも関わらず、この ”ハーディーズ” の2階で、
image.jpg

「これは、高価なRp50.000の商品だ」と勧められ、いらないと断ったが、あまりにもしつこく

勧めてきて、結局、私は、そんなに安い商品だとは知らずに、Rp20.000で買わされたのである。

その時、店員にお金を払うと、商品はカバンの中に入れろと言われ、カバンの中に入れたものの

ぐるっと回って、総合レジがあったから、変だなぁー  と、思っていた・・・ 

後日、あの時買った物が、とあるコンビニで、Rp5.000 ぐらいで売られていたのを見て、

これは、あの店員による悪質な詐欺だったことを知ったのである。

実際は、バリ語しか話せない化粧品の担当者と日本語を話せる女性店員の2人である。

ついつい相手が日本語を話したことで、疑うことなく信じてしまったので信じて買った

私もバカだったが、 この ”ハーディーズ”の店員2人には、ホント腹が立った

こんな感じで、観光客をカモにしてお小遣い稼ぎをするバリ人は、ここ以外にもいるかも

しれないので、店員だからと言って信じ込むことは、とても危険なことだと、身を持って、

今回も勉強した気がします。

                      14日目(前編)につづく


スポンサーサイト

カテゴリ: サヌール散策

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 2   

コメント

Hardy'sの二階、おそるべしです。
以前 Hardy'sで お米をとかスパイスを買って帰りました。
米は食べたけど、スパイスは、まだ残っているものもあるかも…i-230
今、キッチンで確かめたら、hardy'sの値札のついたシナモン発見ですi-197
何年前のだっけ…
ちなみに、6000ルピーです。

ウーロンパンダ #- | URL[2012/05/29 17:11]edit

私も買いましたよ。

私も「Hardy's」で、スパイスを買いました。

粉末バジル、ローリエ、ブラックペッパー、サフランなどです。
値段は、それぞれバラバラでしたが、
Rp10.000前後で、ローリエかバジルのどちらかは、
Rp16.000ぐらいした記憶があります。

出来れば、風味がなくなる前には使いきりたいのですが、
きっと、私も2、3年経っても使いきれない気がします・・・。(^^)

トゥリマカシー #- | URL[2012/05/29 18:06]edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelsinbali.blog.fc2.com/tb.php/41-94036d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。