2012年3月 バリ島へ行って来ました!

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

★11日目(後編) 

ハノマン通りを北上ながら、ラヤウブド通り(Jl. Raya ubud)に向かって歩いていた私たちは、

私の靴の底(前の部分)が、半分ペロンとめくれてしまったこと + 雨が降りだしたことで、

「このままじゃ歩けないよ~  」と、私は嘆いてしまったのだった。

すると、旦那が、カバンの中からある物を取り出して、

「取りあえず、これを巻いてみよう 」 と、言った。

見ると、スーパーの袋だった こんなイヤだよ~ 

と、抵抗するも「取りあえず、応急処置だから」と、

こんな風に、靴にスーパーの袋を巻いたのである。
CIMG1095(1)_R1.jpg

いや~ん、これじゃ、”バカボンのパパ” じゃん・・・  
 
と、ブツブツ言っていると、時間がないよと、旦那にせかされ、

仕方なく、私は、傘をさして歩き出した。
papa.jpg 

ラヤウブド通りまで歩くと、”alfa mart” のコンビニを発見 

「 あそこでボンド売ってるかな 」 と、私たちは、コンビニに入る。

”当たり前だが、”ボンド” と言う言葉は、

全国共通語ではなく、私は、店員に自分の靴の

状態を見せて、ボンドが欲しいと説明すると、

店員は、白い歯を見せながら笑い 

ボンドの置いてある場所を私に教えてくれた。
CIMG1099_R1.jpg

コンビニに ”ボンド” があったお蔭で、私は、ようやく普通に歩くことが出来た。

さっきまで降っていた雨も、ちょっとした通り雨みたいで、すぐに止んでくれた。

ラヤウブド通りに出て東に向いて歩くと、”ミーアヤムジャカルタ” のお店を発見 

ここの麺の評判は、ネットで調べて知っていたので、

ミーアヤムコンプリートスペシャルを注文する

私的には、麺もスープも具材も美味しいと思ったが、

旦那は、具材がイマイチと評価。値段は、ネットで

見ていた価格よりもかなり高く、Rp27.000だった。
CIMG1100_R1.jpg 

またまた、ぼったくられたのかも・・・  と、思いながら店を出て、

私たちは、モンキーフォレスト通りを東西につなぐデウィ・シタ通り(Jl. Dewi Sita)に

行きたくて、ハノマン通りの1本東にあるスグリワ通り(Jl. Sugriwa)を南下しながら、

デウィ・シタ通りに出ることにした。スグリワ通りは、ハノマン通りの1本隣の通りになるが、

あまり観光化されていない ふつうの民家やワルンがあり、観光客が歩かない静かな通りだった。

しばらく歩くとラリス・マニス(Laris Manis)と言うタイ焼き&どら焼きの店を発見 

CIMG1105_R1.jpgさっそくどら焼きのカスタード(Rp3.000)と、

チョコレート(Rp3.500)を注文してみるが、

どら焼きの生地は美味しいのだが、中の

カスタードクリームが、弾力があり過ぎて、

日本のカスタードとはほど遠く残念だった

次に、デウィ・シタ通りに入り、歩いていると、

左手にドーナツ屋(K Donuts)を発見 

ドーナツ全てが1つ、Rp5.000  しかも店頭の

垂れ幕には、「Buy 5 donats. Get 1 free」と、

書かれていたので、つまり、Rp25.000出すと、

ドーナツが6つゲット  出来るのだ。

どのドーナツを食べたのかは、忘れてしまったけど、

ここのドーナツは、かなり美味しく、ベリーグー
CIMG1110_R1.jpg

ウブドに来て、歩いて食べ。歩いて食べを繰り返し、この時点で、15時30分 

残り30分で何が見れると、少しペースを上げ、ウブド王宮とウブド市場を回り、

トータル4時間半と言う短い時間が、あっと言う間に過ぎてしまった。

帰りのシャトルの中で、私は、ウブドについて考えていた 

私は、本当のウブドを見ることは出来たのだろうか  

きっと、私が見たのは、ウブドの都会の部分だけだろう・・・ 

本当にウブドを知っている人たちは、豊かな大自然や異国情緒あふれる風景や

素朴な風情を感じとって、ウブドという町が好きなんだろう。と思った。

だから、いつかここに訪れる日が来るなら、

その時は、もっとちゃんとウブドを歩いてみたい。そう考えていた 


                      12日目(前編)につづく


スポンサーサイト

カテゴリ: ウブド散策

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 2   

コメント

アルテコ

ウチにもそのボンドあります。

アルテコっていう名前の物なんですが、
期待してなかったのに、ちゃんとくっつきますよね!
指に付いたら取れなくて、しばらく親指と人差し指が
v-426←こうなりました。
ウチでもこれでサンダルの修理しまくりです。

確かに「ウブドらしい」所って、今やバイクや車じゃないと
行けないんです・・・目抜き通りは店舗で隙間がないから。

思い残すことがあると、またその地を踏めるようですから
次回はバイク二人乗りで、田んぼの中のカフェとか
行ってみてください。

メメニャソラ #lIu/1dnQ | URL[2012/05/21 23:38]edit

アルテコを・・・

ネット検索すると、
接着剤の製造・卸の日本企業の ”アルテコ” がヒットしました。

これは、バリで使った ”アルテコ” のボンドが、
日本製品だったと考えて良いのでしょうか?
出来ればお返事頂きたいのですが、
ご自宅用にある”アルテコ”は、「Made in Japan」と記載ありますか?

メメニャソラさんがブログアップしている写真を見て、
私ももっと長閑な風景や空の写真を撮りたいと思っています。
だから、機会を作ってウブドにはまた訪れたいです。
ウブドらしいウブドを私も感じてみたいですから・・・。

トゥリマカシー #- | URL[2012/05/22 08:26]edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelsinbali.blog.fc2.com/tb.php/35-0013ff0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。