2012年3月 バリ島へ行って来ました!

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

カテゴリー「トランス・サルバギタ」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

★6日目(後編) 

私たちは、スーパー巡りをするために、DFSのタクシーチケットを使い、DFSへ向かった。

モルバリ内にある ”ハイパーマート”は、すでに行っていたが、せっかくだしもう一度行こうと、

”ハイパーマート” に向かった。モルバリ内のカット屋さんの傍を通った時、

旦那が「髪が伸びてきてるし、ここでカットしてみない?」と、言って来た。

バリ島でカットをするのも面白いかと思い、私たちは、

ここを通ったついでに、カットをすることにした。

「Cut only a little」 と言うと「ok」と通じた。

カットもブローも丁寧で、仕上がりは、good job 

しかもカット&ブローで、Rp54.000 と、安かった 
CIMG2356_R1.jpg

ハイパーマートでは、日本で300円するジョンソンのベビーオイル(50ml)が、

驚き価格のRp7.000前後で売っていた。意外と簡単にベビーオイルをゲット 

他のスーパー巡りを楽しむために、私たちは、早々とハイパーマートを後にした。

CIMG1907_R.jpgDFSの前には大きな交差点がある。この交差点は、

デワルチ交差点ともシンパン・シウール交差点とも

呼ばれている。DFSから危険承知で向かい側に渡ると、

”HALTE DEWARUCI” と書かれたバス停がある。

ちなみに、”HALTE” は、停留所という意味で、 

”DEWARUCI” は、この交差点の名前、”デワルチ” であることを帰国してから知りました。

このバス停から、巡回バスに乗る時の注意点は、

必ずどこ行きのバスかを確認すること 

バトゥブラウン行きでもヌサドゥア行きでも

巡回バス(トランス・サルバギタ)は、

このバス停(デワルチ)に停まるからです。
CIMG1965(1).jpg

このバス停からイマム・ボンジョル通り (Jl.Imam Bonjol) をぬけて、

サンセット通り (Jl.Sunset Road) を走り、バトゥブラウン行きなら、

バスは左折してサヌール方面に走り、ヌサドゥア行きならバスはそのまま直進します。

今回、このバス停からバスに乗ったのは、スーパー巡りをするためだったので、

私たちは1つ目の停留所で降りたのだが、バス停名がどこにも書かれていなかったが、

”セントラル パーク クタ”と言うバス停名である。

ここで降りると、スーパー ”ジャイアント”がある。

”ハイパーマート” に比べると店内は狭いが、庶民派の

スーパーなので価格帯も若干安めに感じた。この辺り

一帯をイスタナ・クタ・ギャレリアと呼ぶそうだが、
CIMG2384_R1.jpg

辺り一帯を歩いたが、閉まっている店が多くて、ここはかなり寂れているように思えた。

ここから、パティ・ジェランティック通り(Jl.Patih Jelantik)に出て、東に向いて歩くと、

CIMG2404_R1.jpgスーパー ”パパイヤ” がある。ここも売り場は狭い。

ここで日本食材が買えるのだが、価格帯を見てビックリ

サッポロ一番(5パック)が、Rp87.210、森永ピノが、

Rp33.600。どれもこれもが3倍以上の値段だった。

輸入すれば、こんなに高くなるの と驚いてしまう。

”パパイヤ” から、さらに東へ向かうとサンセット通り(Jl.Sunset Road) に出る。

サンセット通りには、日本でもおなじみ ”カルフール”がある。

私たちは、危険を承知で、道路の向かい側に渡り、南に向いて歩いた。

距離的には、”パパイヤ”から ”カルフール”まで、徒歩10分圏内の近さだった。

”カルフール” は4階にあり、まずは広さに驚いた。

スーパーと言うよりもデパートと言える品ぞろえで、

ついつい、あっちウロウロ、こっちウロウロしてしまう。

こんなところで迷子になってなるものか  と、

私たちは、手をつないでカルフール内を歩きまわった。
CIMG2428_R1.jpg

たしかにあれこれ見ても日本よりも価格帯が安いので、欲しい物はあったが、

その多くは、絶対持ち帰れない大きな物や重い物ばかりだったので、

結局、日本に持ち帰れない物を買っても仕方がないと、あきらめて、

3時間半も歩き回ったが、ウィンドショッピングを楽しんだだけだった  

こうして、この日はスーパーを4件回ることが出来て、何事もなく、無事1日が過ぎたのでした。

                      7日目(前編)につづく


スポンサーサイト

カテゴリ: トランス・サルバギタ

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 0   

★13日目(前編) 

3月21日、曇り  今日は、第2回目プチ旅行の出発日 

今日泊まる宿泊先のチェックインが、14時のため、11時にホテルを出発することにした。 

タクシー代が、大体いくらになるのか、この日、試しにメーターを撮ってみた 

バリのタクシーの初乗り料金は、2012年3月の時点で、

Rp5.000。日本と同様、距離と時間に応じてメーターが、

加算されるシステムで、地図上で、”バグンズビーチ” から、

”DFS” の距離を測ってみると、大体7.5km ほどあり、

時間は、10時57分に乗り込み、11時18分で降りたので、

私たちがタクシーに乗っていた時間は、21分 でした。

この日、比較的混んでなかったので、32900 でしたが、

タクシー会社や車の混み具合で、料金は前後すると思います。
CIMG1190(1)_R1.jpg
CIMG1192(1)_R1.jpg


”DFS” で降りた私たちは、ランチをするために、”モル・バリ・ギャレリア” 内にある

ワルンワルン (Warung Warung) へと向かった。ここは、ナシチャンプル専門店で、

ランチメニューの中から、どれかを選び、店員さんに

白ご飯 (ナシプティ) か、黄いご飯 (ナシクニン) かを伝え、

ショーケースの中から、おかずをチョイスするワルンです。

私は、2つのおかずと、2つの野菜を選べる ”B” を選び、

旦那は、3つのおかずと、2つの野菜を選べる ”C” を選ぶ、

ドリンクは別料金。アイスティなら Rp8000、マンゴーJなら、

Rp14000 とドリンクも安く、おかずは、当たりハズレはある

としても質と値段と量から考えると、満足出来るお店でした。
CIMG1195(1)_R1.jpg
CIMG1930(1)_R1.jpg

私たちは、”トランス・サルバギタ” (サヌール方面) のバスに乗るため、

モルバリの裏口から出て、私たちは、”トランス・サルバギタ”(サヌール方面) のバスに

乗るため、モルバリの裏口から、ングラライバイパス (Jl. By Pass Ngurah Rai) に出る。

バイパスに出ると、反対車線側にバス停が見えるので、危険を承知で道路の向こうに渡る。

ここのバス停には、バス停の表示がないのだが、

このバス停は、「PEDUNGAN」 と言うバス停である。

12時20分、バス停に、バスが到着する。

私たちは乗り込んで、「BATUBULAN」 (バトゥブラン)

1つ手前の 「TOHPATI」 (トパティ) で、降りることを

車掌さんに伝えて、チケットを購入する。料金は、

一律、大人 Rp 35.00、子供 Rp 25.00 。(2012年3月現在)

12時24分「HALTE PESANGGARAN 2」 に到着。

12時34分「HALTE SERANGAN 2」 に到着。

12時40分、バス停名の表示がないバス停に到着。

きっと、「DNAU POSO SANUR」 だろう・・・。

12時43分、またもや表示がないバス停に到着。

小学生らしき子供たちが5,6人乗車して来たので、

この近くに小学校があるのかもしれない。

推測からして、「SINDHU SANUR」 あたりかな?

12時47分、次も表示のないバス停に到着。

またまた小学生と中学生らしき子供達が、8人~10人が、

乗ってきた。サヌールのケンタッキー交差点を過ぎていたので

ここが、「MATAHARI TERBIT SANUR」 なのかな?

12時55分「HALTE PROF IB MANTRA」 に到着。

「え 」このバス停名を見て、私は初めてバス停を

1つ見落としていることに気付いた。「あれ

私の情報では、ここは、「PADANG GALAK SANUR」

と言う名のバス停なのに・・・ 

どこでバス停を見落としてしまったのだろうか・・・。

13時ジャスト、目的の 「TOHPATI」(トパティ) に到着。

バス停の写真を撮り忘れ、  私たちは、バスを降りた。

バス停を1つ見落としていることが気になるが、

もしかすると、バスは、降りる人や乗る人が居なければ、

バス停を素通りするのかも知れないのである・・・。

少し引っ掛かる気持ちで、私はバス停から歩き出した。
CIMG1212(1)_R1.jpg
CIMG1213(1)_R1.jpg
CIMG1215(1)_R1.jpg
CIMG1218(1)_R1.jpg
CIMG1219(1)_R1.jpg
CIMG1220(1)_R1.jpg
CIMG1221(1)_R1.jpg
CIMG1222(1)_R1.jpg

このバス停から、私たちが宿泊する「プリ マハラニ ブティック ホテル」

(Puri Maharani Boutique Hotel)までは、徒歩1分の距離だった。

チェックインの1時間前、私たちは、ホテルに到着してしまったのである。

                      13日目(中編)につづく


カテゴリ: トランス・サルバギタ

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 0   

トランス・サルバギタ 

「トランス・サルバギタ」 や 「バリ島、巡回バス」 などで、検索されている方が多いので、

「トランス・サルバギタ」について知ってる範囲の情報をアップします。

これは、”DFS近くのバス停” になります。★マークがバス停になります。 

map_R1.jpg  

このように、バトゥブランからヌサドゥア行きでも、ヌサドゥアからバトゥブラン行きでも、

どちらにしても、「トランス・サルバギタ」のバスは、

ラヤクタ通りの道を走り、サンセット通りの道を走るみたいです。

※地図の中のバス停の★マークの中に数字が入っていますが、
 これは、バスが停まる順番(下記)をわかりやすくするために数字を入れてみました。


 ● バトゥブラン → ヌサドゥア行きのバスが停まる順

 1のバス停  ”HALTE DEWARUCI 2”
    ↓        (デワルチ2)
 2のバス停  ”HALTE SENTRAL PARKIR KUTA”
    ↓        (セントラルパーククタ)
 3のバス停  ”HALTE SUNSET ROAD TIMUR KUTA”
    ↓        
(サンセットロードティムールクタ)
 4のバス停  ”HALTE DEWARUCI 1”
    ↓          (デワルチ1)

 ● ヌサドゥア → バトゥブラン行きのバスが停まる順

 1のバス停  ”HALTE DEWARUCI 2”
    ↓        (デワルチ2)
 2のバス停  ”HALTE SENTRAL PARKIR KUTA”
    ↓        (セントラルパーククタ)
 3のバス停  ”HALTE SUNSET ROAD TIMUR KUTA”
    ↓        (サンセットロードティムールクタ)
 
5のバス停  ”HALTE PEDUNGAN”
    ↓        ペダンガン) ←読み方は定かではございません 


   下の写真は、 ”TOHPATI” (トパティ)と言うバス停で撮ったものです。
                 ※右側に、バス停名をわかりやすく書いたのでご参考下さい。

CIMG1841_R1.jpgバトゥブラン ヌサドゥア行き
●BATUBULAN
●TOHPATI
●PROF IB MANTRA
●PADANGGALAK SANUR
●MATAHARI TERBIT SANUR
●SINDHU SANUR
●DANAN POSO SANUR
●SERANGAN
●PESANGGARAN
●PEDUNGAN
●DEWARUCI 2
●SENTRAL PARAKIR KUTA
●SUNSET ROAD TIMUR KUTA
●DEWARUCI 1
●KUTA TIMUR
●JIMBARAN
●TAMAN GRIYA
●BUALU
●NUSADUA 1
●BTDC

CIMG1842(3)_R1.jpg  ヌサドゥア バトゥブラン行き
●BTDC 1
●BTDC 2
●NUSADUA 2
●BUALU
●TAMAN GRIYA
●JIMBARAN
●KUTA TIMUR
●DEWARUCI 2
●SENTRAL PARAKIR KUTA
●SUNSET ROAD TIMUR KUTA
●PEDUNGAN
●PESANGGARAN
●SERANGAN
●DNAU POSO SANUR
●SINDHU SANUR
●MATAHARI TERBIT SANUR
●PADANGGALAK SANUR
●PROF IB MANTRA
●TOHPATI
●BATUBULAN

これを見る限り、上りも下りもバスの停車場は、20個所あります。

ただ、各バス停には、バス停名が表示されているところと無いところがあり、

バス停名だけでは、どのあたりに停まるのかは分かりにくいと思いますが、

大体どのあたりに停まるのかは、下記の地図をご参考下さい。(バス停名は解読不可)

※注意 赤い線が2012年3月現在、バスが走っている路線です。
      青い線は、近い未来にバスが開通するだろうと言われている路線です。

CIMG1843(1).jpg

バスは、15分間隔で運行されるみたいですが、私たちは、30分ぐらい待った時もあります。

バスが運行する時間帯は、わかりませんが、夜の18時にバスに乗ったことがあります。

バスの料金は、2012年3月現在で、大人がRp35.00で、子供がRp25.00でした。

また、バス内では、全くアナウンスが流れないのでご注意ください。

なんせ、「トランス・サルバギタ」 に関するインフォメーションは、

私が知る限り一切なく、これぐらいの情報しかわかりませんのでご了承ください。

カテゴリ: トランス・サルバギタ

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 5   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。