2012年3月 バリ島へ行って来ました!

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

カテゴリー「ニュピの日」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

★15日目(前編) 

3月23日、晴れ  時々曇り

今日は、Nyepi(ニュピ)である

朝、レストランで、モーニングのオーダーを

聞きに来た若い女性が、オーダーを取る前、

私たちに、今日1日の注意事項を言ってきた。
CIMG1600_R1.jpg

「今日は、バリ島のお正月の ”ニュピ” になります。
 この日は、ホテルからの外出は一切出来ません。
 また、ホテル内であっても大声を出さずに静かにして下さい。
 火(ライター)の使用は、禁止となっております。
 お部屋の中では、水や電気の使用をひかえて下さい。
 暗くなり電気を灯す場合は、カーテンをして下さい。」


と、英語で言ったのだが、だいたいの内容が理解出来たので、私たちは、「OK」と答えた。

CIMG1589_R1.jpgホテルの ”マハラニモーニング” は、がっかり

するほど、しょぼすぎるモーニングだった。

私は、パンケーキを注文し、旦那はナシゴレンを

注文したのだが、パンケーキは薄っぺらくて、

不味くもないが美味しくもない微妙な感じ・・・。

”バグンズ ビーチ” のパンケーキの方が、絶対、美味しいと思ってしまった。

ナシゴレンも同様、不味くはないが、美味しくもないナシゴレンだったのである


ホテルのフロントには、自由に使えるパソコンが

設置されていて、旦那がネットをしている間、

私は、日本語が話せる支配人? を捕まえて、

”オゴオゴ” についての質問をしていた。昨夜の

トパティ交差点で行われていた ”オゴオゴの祭り” は、
CIMG1602(1)_R1.jpg

毎年、深夜2時頃まで行われていて、楽器をガンガン鳴らすのは、うるさい音で悪霊を

追い払うためだと言う。また、”オゴオゴ” は、お祭りが終わると、少しの間、各場所で、

展示されたりもするが、最後は、焼かれてしまうのだと、親切に教えてくれた。


CIMG1614(1)_R1.jpg部屋に戻ると、いつの間にやらベットメイキングが

終わっていた。「あ、 チップ置いてない」 と、

気付いたが、時すでに遅し。この置き忘れが原因なのか、

どこかから、雑巾臭のような異様な臭いが微かに漂って

いるような気がしていたのだが、気のせいだと思って、

私たちは、水着に着替えてプールに入ることにしたのである。

ニュピの日のホテルの宿泊客は、私たちを入れて3組だった。1組は、白人カップルで、

もう1組は、初老の白人1人である。私たちが、午前中、プールサイドでくつろいでいても

誰も来ないし通らないので、まさに、私たちだけの プライベートプール になっていた。

CIMG1239(1)_R1.jpgだが問題が1つあった。

 昨日は出ていた水が、

ニュピの日は出てなくて

水面には、葉っぱが浮かび、
CIMG1647(1)_R1.jpg

泳ぐまでは至らず、水面のゴミを手で押し寄せ、プールに浸かっては、デッキチェアーに

寝ころび、体が乾くとプールに再び浸かる。私たちは、それを繰り返していたのだった。

この日のお天気は、雲の流れが速く、太陽が顔を

出したり、隠れたりしているお天気だった。それでも

小声で喋り、私たちはビーチサイドで過ごしていた。

12時過ぎ頃、大きな雲が空一面に広がってしまい、

私たちは、部屋に一旦戻ることにした。
CIMG1662(1)_R1.jpg

CIMG1713_R1.jpg部屋でシャワーを浴び、ふとタオルに目が行くと、

使い古したタオルが2枚、置かれていたのである。

「何、 このタオル 」 まさか、これを使えと

言うのだろうか・・・ もしや、さっき臭ってた

雑巾臭は、このタオルが原因なのか・・・

少し顔を近づけてみたが、タオル自体は全くの無臭であり、ただ単にボロボロになるまで

洗濯され続けたタオルが、セットされていたのである・・・。

初日目、2日目のタオルは、真っ白だったのに、やっぱり、チップを置き忘れたから、

嫌がらせで、こんなタオルをセットしたのだろうか・・・。

「お昼にしようよ」と、旦那が、昨日買った ”パン” と ”チーズ” と ”果物” と ”ジュース” を、

出して来た。 「うん」と、言いながら、私は、部屋の中の微妙な臭いが気になり出し、

先に臭いの原因を追及しようと、部屋の中をクンクンとしていたのである。

「さっきから何やってんの

「う~ん、微妙に何かが臭うんだけど・・・ 」と、あちこちの物を手に取り嗅いでいると、

「これだ 」 と、言えるものを、とうとう、嗅いでしまったのである。

                      15日目(後編)につづく


スポンサーサイト

カテゴリ: ニュピの日

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 0   

★15日目(後編) 

部屋の中に漂う微かなニオイが気になり、いろんな物を手に取って、クンクン と、

嗅いでいた私は、「もしや・・・」 と、マクラに手を伸ばした。

マクラを持った瞬間に嫌な予感がして、ためらいながらもマクラに顔を近づけてみると、

強烈なニオイがマクラから漂い、私は、「ゲボ、ゲボ、ゲボ」と、むせ返ってしまった。

「これや~。これが臭っててんやぁ~ 」 と、旦那にマクラを突き出すと、

旦那もクンクン と嗅いで、「確かに臭いなぁ~  」 と、言った。

これもチップを置き忘れたことの嫌がらせなのだろうか、

ベットメイキングで交換したはずの マクラカバーが臭い だなんて・・・。

ニオイを言葉で表現すると、体臭の強い人が使い続けていたマクラを洗濯してから、

最低、半年ぐらいリネン倉庫で眠らせた(空気に触れない)ようなニオイなのである。

幸いにも私たちはマクラを使わない派だったので、ニオイの原因が判明した直後、持って来た

ゴミ袋の中にマクラを入れたことで、この珍臭騒動を解決することが出来たのだが、

ボロボロのタオルにニオイの放つマクラと、チップを置き忘れたために、私たちは、

ヒドイ仕打ちを受けてしまったのである  

この日の昼食は、これらのパン  と、 ”日清カップヌードル” (Rp3.200)である。

CIMG1310_R1.jpgCIMG1311_R1.jpgCIMG1572_R1.jpg
このカップヌードル(BEEF味)は、バリの人達は美味しいと、

思って食べているの と言えるほど、美味しくない・・・

日本のカップヌードルが美味しすぎるから、不味いと思って

しまうレベルではなく、本当に美味しくないのである。
CIMG1577(1)_R1.jpg

よく噂で聞いた 『海外で売られている日清のカップヌードルは、美味しくない』 と、言う噂は、

これを食べて、本当だったんだぁ~。と実感してしまった 

この日、私たちは、「今日は、好きなだけお菓子を食べよう 」 と言って、

次から次へとお菓子の袋を開けて食べていた。

CIMG1309_R1.jpgCIMG1308_R1.jpgCIMG1303_R1.jpg
CIMG1306_R1.jpgCIMG1305_R1.jpgCIMG1304_R1.jpg
 3月21日に、ハーディズで買ったお菓子の数々
 3月22日に、トパティ交差点の角のスーパーで買ったお菓子の数々
CIMG1573_R1.jpgCIMG1570_R1.jpgCIMG1574_R1.jpg
CIMG1568_R1.jpgCIMG1571_R1.jpgCIMG1569_R1.jpg

中でも、 この「Oishi 」から出ている ”pillows”  は、美味しくて、 

日本の牛乳に浸して、シリアル風に食べてみたいと思ってしまった。

お昼過ぎから、ポツポツと降り出した雨のせいでプールに行くことも出来なかった私たちは、

部屋のテレビの中に内蔵? されている懐かしのTVゲームにハマっていた。

そのTVゲームとは、昔流行った倉庫番ゲーム この映像は、イメージ映像です。

散らばっている茶色の箱を、赤丸の

位置まで押して行き、全部移動

することが出来れば、ステージが

クリア出来る単純なパズルゲーム。

ルールは、箱を押せても引くことが

出来ないと言うルールがあり、

1面、1面考えながら、全ステージを

制覇させるゲームなのである。
pazuru(1)_R1

このゲームに手こずりながら、厳密に言えば、最後の2つのステージに手こずりながら、

ようやく全ステージをクリアすることが出来たのが、22時を回っていたので、

私たちは、ベットの上に座って、ほとんどTVゲームをして過ごしていたのである。

この日、ダラダラとスナックお菓子ばかり食べすぎた私たちは、遅い時間に、

インスタントお粥 ”Super Bubur” (Rp3.490)に挑戦した

カップの中にお粥の元となる白い粉を入れ、お湯を注いで、

具材? を乗せると、すごい奇妙なお粥が出来上がった

混ぜれば、かなりグロテスクな食べ物となり、最初の一口を
CIMG1708_R1.jpg

勇気を出して食べてみると、見た目以上にちゃんとした魚味のお粥が出来上がっていたのである。

食感が離乳食のようなペースト状だったので、決して健康な人間が好んで食べる物ではないが、

体の調子が悪い人なら、美味しいインスタントお粥になるのかも と思えた。

夜遅くに、満天の星空を期待して、部屋の電気を消してからカーテンを開け、

ガラス越しに外を覗いてみたが、外は、あいにくの天気で星空は見えずじまい・・・ 

こんな感じで2012年3月23日、バリ島で1年に1度しか来ないニュピの日を過ごしました。

 古くから伝わる本来のニュピの過ごし方は、この日1日は、断食と瞑想をして過ごすらしいのです。

                      16日目(前編)につづく


カテゴリ: ニュピの日

テーマ: バリ島

ジャンル: 旅行

[edit]

TB: 0    CM: 0   
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。